検索エンジンのブラックボックス

MENU
TOP >> 検索エンジンのブラックボックス
スポンサードリンク

アルゴリズムを公開していない

広大なネットのデータを検索エンジンは「ロボット」で集めています。自動収集です。

このデータを解析して、検索順位を決定しています。この解析の手法を「アルゴリズム」と呼んでいます。アルゴリズムはさまざまな要素から計算するのですが、この要素と計算方法が、ハッキリとは公開されていません。

この状態のことを比喩してブラックボックスと呼んでいます。

ブラックボックスにする理由

●計算方法(アルゴリズム)を公開すると、それを分析してスパムが横行するため

というのが最大の理由です。検索エンジン(グーグル)がネットの主導権を握れるという「副産物」もありますが、最大の理由はやっぱりスパム。アルゴリズムを公開してブラックボックスを止めれば、スパムが横行、ユーザーに不利益になるのは目に見えています。

業者の飯の種

ブラックボックスがSEO業者の肝
ところがアルゴリズムがブラックボックスであるが故に、ネットで利益をあげるためには、「SEO」を絶えず勉強する必要が出てきます。

意外とグーグルはアルゴリズムの仕様をちょくちょく変えるからです。

以前「スパムではなかった」ものが、アルゴリズムの変更によって「スパム」と認定されることがあります。ネットで利益をあげようとするにはSEOと無縁というわけにも行きません。

また、SEOはブラックボックス具合が半端ないし、スパム認定されたときの利益の低下はすさまじく、一度経験すると恐怖で眠れないほど。生活をネットの収入に依存していると、地雷原を歩いているような感覚です。この不安を和らげるために、利益をあげるためにも、SEO業者と関係を持たざるを得なくなります。

ページ一覧

初心者のためのSEOの表紙へ
Page 1 SEOを勉強する前に知るべきこと
Page 2 SEOは奥が深い?
Page 3 検索エンジンのブラックボックス
Page 4 ホワイトハット・ブラックハット
Page 5 ページ内容の濃さが大事
Page 6 変わっていく状況、情報収集は?
Page 7 テーマを絞るべき
Page 8 継続は力、SEOの基本
Page 9 テーマ選びと継続は相反する
スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集