ブログの記事の内容が古くなった場合どうするか?

MENU
TOP >> ブログの記事の内容が古くなった場合…
スポンサードリンク

ブログの記事の内容が古くなった場合どうするか?

まとめ
●ブログ記事の内容が古くなり、現状と合わなくなった。
●しかし、アクセスの多いブログの場合、検索順位が低くても、サイト内を巡回しているユーザーが目にすることがある。
●直すのか、削除するのか、そのままなのか。
●記事に投稿した日付をつけておけばいい。

経緯

園芸サイトを運営していて、その中でホームセンターの記事を書いていました。ホームセンターの苗は安いけど、いいものが多いよ。って内容なんですが、その中に
苗は、置いているだけでは劣化していきます。水やり、肥料、葉っぱをむしる、花ガラを取る……苗を展示・維持するだけでも人手が掛かります。そこまで手を掛けているホームセンターはほとんど皆無です。
https://sodatekata.net/flowers/page/574.html 

という文章を書いていました。で、この一文を読んで怒ったホームセンターで働いている人が投稿フォームから意見をしてきたのです。短い文章ですが「怒り心頭」って感じでしたね。
スポンサードリンク

細かな経緯

この記事を書いたのは2011年。
当時はまだ私は花屋さんをしていて、ホームセンターが苗の品質に力を入れて、ホームセンターがガーデニングの主役になりつつある頃か、その少し前くらいでした。
私が住んでいるのは広島で、地方都市でしたので、中央に比べると二歩か三歩ほど変化が遅いので、その程度でしたが、中央はすでにホームセンターがガーデニングの主流になっていたのではないかと思います。今思えば。

ホームセンターはすでにかなり台頭していたのですが、それ以前(2000年代以前)のホームセンターは酷いものでした。花市場の残り物のほとんど枯れているような苗を並べて「園芸」風を装っていた程度です。また記事にあるように苗に手間もかけられないし、その知識もない状態。そんなでしたから、当時の消費者にはホームセンターは「ダメ」というイメージが根強くありました。
私の記事は、「まだホームセンターに悪いイメージを持っている消費者」に「いや、そんなことないよ」という気持ちで書いた記事なんです。いや、まじで。
スポンサードリンク

数年後

数年たち、園芸(ガーデニング)の主役はすっかりホームセンターになりました。ギフトは花屋、苗はホームセンターってところか。いや、ホームセンターでもラッピングサービスをしていますからね。ギフトの鉢もホームセンターかな。ほんと、花屋は居場所がない。

ま、そんなことはどうでもいいです。

数年経って見ると、私が書いたホームセンターの記事の前提となる「ホームセンターの悪いイメージ」が改善されているために、私の言っていることは、なんだか微妙。でも、ホームセンターが苗の管理に人手を割り当てられない事情は今も変わっていませんから、記事の内容自体はさほど劣化しているとは思わないので、指摘があっても記事内容の変更はしませんでした。
●昔のホームセンターが苗の管理ができなかったのは、主に知識がないから。その後、詳しい人を雇うなどして改善された。現在(2018年)、苗の管理ができないのは人件費削減による人手不足。事情がちょっと違う。それでも昔とは全然違う。改善されている。怒るのもごもっともだと思うのですね。理解はできる。
スポンサードリンク

問題点と対応策

園芸サイトの記事は本来「劣化しない」記事です。
100年経ってもパンジーの育て方は変わらない。
他の商品レビューのブログなんて、発売時がピークであとはブログの記事(の情報)は劣化するばかりです。だから、園芸サイトには投稿日時はなくていい!と思っていたのですが、「育て方」の記事だけじゃないですからね。今後は、投稿日時は必要かな、と思っています。
変更しよう。

スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集