大日本印刷の壁紙でアレルギー反応?

MENU
TOP >> 大日本印刷の壁紙でアレルギー反応?
スポンサードリンク

大日本印刷の壁紙でアレルギー反応

まとめ
●数年前に両親が新築一軒家を建てる。
●入居後しばらく(二ヶ月か三ヶ月)で、息苦しくなる。両親には症状がない。
●家から出て、アパートで生活する。症状はなくなる。
●元々小麦アレルギーで入居前から薬を飲んでいた。
●現在もアパートで生活している。
●因果関係は証明できないが、体感では「ある」。ただし、どの程度なのかも証明できない。

大日本印刷・サンゲツの壁紙不具合で健康被害の可能性?1000億円で済むの?
https://www.smarthouse2.com/?p=15352

経緯

2014年くらいに両親が家を建て替えました。
そこに私も住みました。
しかし、二ヶ月か三ヶ月ほどで家にいるだけで苦しい。呼吸を何度しても息が入ってこないような窒息するような感覚があり、出来るだけ家にいないようにしていました。とは言っても、夜は家で過ごさないといけない。かなりキツイ状態でした。

ところが両親はなんともない。
私が苦しいと訴えても、「ふーん」ってなもの。

私は収入もありましたし、そもそもずっと両親と暮らすつもりもなかったので、アパートを借りて出て行きました。アパートでは症状はなし。とはいっても、実家にもちょくちょく帰り、寝ることもありました。
●たまには大丈夫だが、毎日はキツイという状態。

シックハウス症候群
こういう経緯を担当のお医者さんに説明すると「シックハウスじゃない?」とのこと。シックハウスは割と良くあることなんですが、今だに診察する基準がはっきりしていないことから、断言はできないと言われました。でも、ほぼ確信していました。わたしはシックハウス症候群なのだ、と。
●シックハウス症候群は建材に含まれる化学物質(ホルムアルデヒド)や、ダニ・ホコリでアレルギー症状が出る問題。
●新築の家では二、三年はダニはほとんど発生しない。

で、「ホルムアルデヒド」が原因だろうと考えていました。ホルムアルデヒドは壁紙の接着剤に使われていて、新築の家ではある程度はしょうがないし、放出し終えればホルムアルデヒドは消えてなくなるもの。実家は両親が死ねば私のものになるし、実家に帰るのがキツイのも困るのですが、まぁ、いずれは消えるのであれば問題はないだろう、くらいにしか考えていませんでした。
スポンサードリンク

大日本印刷の壁紙問題
ある日、実家を施工した工務店の人がやってきて、大日本印刷の問題(不良品)があるので、壁紙を全て張り替えると言ってきました。放置していると壁紙が剥がれるというのですね。壁紙が剥がれれば資産価値も落ちるし、張り替えることにしました。
実際、入居当初から壁紙から白い粉がポロポロと落ちているのを見ていました。しかし、この時点では張り替えればそれでいいと思っていました。

健康被害は?

大日本印刷の壁紙に健康被害はないか?
現在、振り返ってみると奇妙はことがあるのですね。私のアレルギー反応(頭痛・下痢・喉の痛み)は、入居当初より悪化しているのです。ホルムアルデヒドが原因ならば、揮発して徐々に薄くなって行き、アレルギー反応はなくなって行くべきです(そうあって欲しいと思っているし)。でも、悪化している。体感では間違いなくそう。
●実家は「高気密高断熱」で、隙間の多い他の家よりも空気が循環しづらい。それでホルムアルデヒドが出ていかないのではないか?と考えていた。

で、壁紙の件を思い出します。
「あれ、もしかして…」

壁紙がポロポロと剥がれて、それが空気中に舞って、それを取り込んでアレルギー反応を引き起こしているのだとすると、経年劣化していけば行くほどに症状は悪化するというのは理屈に合う。

もしかして最初から壁紙が原因なんじゃ…
(残念ながら証拠はないし、証明しようがないけど…そこが尚のこと恨まれる理由になるような気がしますが)

健康被害は体質によるのだろう
おそらく、全員が全員健康被害があるわけじゃないのです。ずっと実家に住んでいる両親には症状がないのですから、そもそもアレルギー体質の人じゃないと反応は出ないのでしょう。でも、これが健康被害じゃなくてなんなのよ、ってことでもある。実際に私は苦しかったし。
●大日本印刷は健康被害がないという主張をしているんですが、体質によるのだとすれば意味のない主張だと思います。
スポンサードリンク

個人的感想

アレルギーというのは一つが発症することで別のアレルギーが発症する確率がグッと高まります。アレルギーマーチというやつです。大日本印刷の壁紙の問題は、世間や大日本印刷が思っているよりは「重い」問題である可能性が高い、と私は考えています。だって芋づる式にアレルギーが発生する(かもしれない)し、アレルギーの治療で無駄なお金と時間と体力が削られる。

ゴネる被害者が出ればどこまでもゴネられるというかね。
私だって金をせびろうと思えばいくらでもイケそうな気が。
●もちろん、証明は難しいと思うし、因果関係は断言できない。
●本当に空気中に舞っているのかも分からない。ただし、実家の加湿器は白い物質によって詰まってしまう。

個人的にはよくリコールしたなと思う
参考にあげた記事によれば壁紙の回収の費用が1000億だという。普通は倒産する金額ですよ。よくこのリコールの決断をしたなと思う。仮にアレルギー反応が大日本印刷の壁紙だったとしても、私としては張り替えて、それでアレルギー反応がなくなるのであれば、それで文句はない。もちろん不愉快ではあるのだけど、リコールの勇気を買ってやろうじゃないか、という気持ちもあるのです。

スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集