イズミセのワイン12本セットのレビュー

MENU
TOP >> 買ってよかった(連載) >> イズミセのワイン12本セットのレビュー
スポンサードリンク

イズミセのワイン12本セットのレビュー

酔っ払って調子に乗った夜に、ネットでんなとなくポチった赤ワイン12本セット。12本入って6000円ってことは一本あたり500円になる。送料無料でこれなら、高いわけがない。

スポンサードリンク

赤ワインを日常的に飲んでいて、安くてもいいから色々飲んでみたい人は非常にいいんじゃないでしょうか。私はワインに詳しくないので、内容が良いのか悪いのかという判断は一切できないのですが、仮に不満があったとて、クレームをつけるのはお門違いというレベルの価格。じゃあ、あなたのこだわりの銘柄を探して買えばいいじゃないですかって感じですね。

でも、ちょっと愚痴

私、一人暮らしでして、12本買って、さぁ、飲んでみるか、って一本飲んだら、結構美味しい。でも、一本飲み切らないと次の開けるわけにはいかないでしょ? で、最初の一本は一晩で飲んだ。なんとか一本飲みきって、翌々日に次の一本を開ける。これもまぁまぁ美味しい。一晩で一本飲むのはキツイなって、ことで二回か三回に分けて飲んで飲みきる。そうやってチビチビ飲んでいって、5本目に残りのワインを見る。
「まだ7本もある」
当たり前なんだけど、そう思った瞬間に、赤ワインを飲むことが娯楽や嗜好じゃなくて「仕事」みたいになってるなって気がつくわけです。これはワインが悪いわけでも、ネットショップが悪いわけでもない。普段赤ワインなんて飲まないくせに、買っちゃった私の自業自得なんですよ。誰も悪くない。ただ、私の判断ミスですわ。
スポンサードリンク

この手の大量購入で格安!って商品はつくづく「普段、買っているもの」が安いなら!ってことが条件ですよね。消費が義務になったら意味がないし、つらいだけ。定期的にワインを消費しているのであれば、コスパ最強商品です。

前のページ…「驚くほど薄い電気コード(フラットコード)のレビュー

買ってよかった(連載)の一覧

スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集