腰痛の人にはサイクリングがおすすめの理由

MENU
TOP >> 腰痛の人にはサイクリングがおすすめ…
スポンサードリンク

概要

まとめ
●太っている私は、もっと太っている人がいるのに、私が腰痛なのは他に理由があるはずだと思っていた。
●太っていても俊敏な人はいるが、それは太っているように見えても筋肉量が多いだけ。
●運動をほとんどしない私は、筋肉量が少なくて太っているだけ。
●体重を落とし、筋肉をつけないといけない。
●そのためには自転車の運動がいい。

腰痛

わたしは腰痛でした。
現在はほぼ、痛みはないです。たまに長距離のドライブをすると痛みが出ますが、それ以外では腰の痛みはほぼ何もないです。わたしが腰痛地獄から回復した大きな転換は、ストレスレスチェアの購入です。40万もしたこの椅子によって、腰痛から解放され、仕事も取り組めるようになり、現在のブロガーの収入をなんとか維持している状態です。

腰痛からの回復は二つあります。
●腰への負担を減らすこと。
●筋力をつけたり、姿勢を直す…体を正常に戻す作業です。

負担の軽減は痛みを取るためには必要ですが、根治にはなりません。私の場合はそれがストレスレスチェアだったのですが、それじゃ「治った」わけじゃない。ここでは、体を正常化する運動としてサイクリングについてを書きます。ちなみに、腰痛の原因は多岐にわたるので、これが正解だと思わないでください。
スポンサードリンク

自転車に乗るのがいいと考える理由

わたしは身長170センチで体重が96キロくらいありました。わたしは座っても、立ってるだけでも腰が痛いという状態でした。そりゃそうなんですよ。単純に太りすぎなんです。でも、100キロでも俊敏な人っていて、腰痛じゃないって人いますよね。ああいう人を見ると、わたしが体重が重いから腰痛ってあり得ない、って思っていました。重いからではないだろうと。

これが間違いで、単純に体重に対して筋肉量が少ないだけなんです。だからもっと体重が少ない人でも、「必要な」筋肉量が少ないと腰痛になります。体重が重くても、十分な筋肉があれば腰痛にはならない。俊敏なデブってのはそういう人なんです。
じゃあ、筋肉をつければいいのかっていうと、ことは簡単にはいかない。一つは必要な筋肉かどうか?です。
実は筋トレしている人でも腰痛って多くて、筋トレしたからって大丈夫ってわけじゃないのです。
もう一つは筋肉の質です。
瞬発力の筋肉と、持久力の筋肉があって、瞬発力の筋肉が育っても腰痛とは関係ない。俗にいう有酸素運動をして、太い筋肉ではなくて、体力のある筋肉を育てるべきです。
スポンサードリンク

自転車

しかし、ジョギングは厳しい。体力が身に着く前に膝が壊れます。

そこでわたしは自転車をおすすめしています。

自転車は中古で安いロードレーサーでも買って、それで毎日10キロ以上走ります。もしも、腰やその周辺が痛いようならばやめます。大事なのは体力であって、筋肉を痛めつけることではないからです。筋トレは痛めつけて、筋肉を大きくするのですが、そういうことではないです。
そうして、体力がついて、今ではほとんど腰痛は治りました。完璧に治っているわけじゃないのですが、かつての状態を考えると、ほとんど健康体ですね。

ページ一覧

腰痛まとめの表紙へ
Page 32 うつ伏せ寝クッション
Page 33 腰痛と肥満:デブの才能のない凡人はダイエットしないといけない
Page 34 腰痛対策の答えか? うつぶせ寝クッションがオススメ
Page 35 腰痛で効果あったこと…色々やった私が効果があったと思った対策
Page 36 腰痛の人にはサイクリングがおすすめの理由
スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集