JASRACが18年1月から使用料徴収へ…議論の途中で既成事実化を図る

MENU
TOP >> JASRACが18年1月から使用料徴収へ…議…
スポンサードリンク

概要

まとめ
●JASRACが音楽教室から使用料を徴収するように届出をした。
●議論の最中に既成事実化しようとしている。
●JASRACは著作権料を集めることしか考えていないが、これでは音楽業界が衰退するのではないか。
●漫画は同人誌を「黙認」することで業界の層を厚くしている。デジタル化の中でも(漫画雑誌は落ち込みが激しいが)漫画の売り上げは音楽ほどは落ちていない。
●JASRACが音楽の著作権管理をほぼ独占している状態が問題。
●複数の管理団体が並立して、「正しい音楽著作権管理を探る」べき。

JASRAC、音楽教室から使用料徴収

日本経済新聞JASRAC、音楽教室から使用料徴収 18年1月から
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ07HOA_X00C17A6000000/ 

ジャスラックと音楽教室との話し合いはまだしている最中なんですが、ジャスラック側はそんな話し合いなど無視して、文化庁に届出をしました。これで18年1月からはとりあえず支払う義務が発生する。議論の最中に無理矢理に「実績」を作って「既成事実」にしようとしているだけでしょう。せめて議論を進めてほしいものです。ちょっとやり方がね。

どこの企業も売り上げから、様々な支出を払って、最後に残る「利益」というのは本当に1%とか2%のレベルです。音楽教室から使用料を2.5%徴収するってのはそんな「軽い」話ではないのです。わずかな感じがするのは気のせい。あと、届け出するだけで売り上げが増えるなんて、なんて簡単な商売なんでしょうかと皮肉の一つも言いたくなります。
スポンサードリンク

音楽と漫画の差

私としては、ジャスラックの問題は「ジャスラック自身のマネジメント力の不足」ではないかと考えています。

ジャスラックには「著作権を管理すること」=「著作権料を集めること」しか頭にない。大事なのは、著作権を利用して音楽業界を活性化する。その方法としては、むしろ音楽を使いやすくすることの方が適切ではないか? と思います。その成功例が漫画における「同人誌」に見られます。同人誌業界があり、その同人誌を販売するコミケがあることで、漫画業界は確実に底上げが出来ています。音楽のようにデジタルの普及で権利が侵害されて、立ち行かなくなるならば、漫画だったそのはずですが、かなり食い下がっている。週刊誌などの雑誌は売り上げが落ちていますが、漫画自体は善戦しています。音楽ほどの凋落は見られない。
その理由ってやっぱり、著作権の扱い方、だと思うのです。
スポンサードリンク

同人誌を黙認した漫画業界

漫画業界は明らかな著作権違反の同人誌を「黙認」した。積極的かつ非公式黙認というべきかと思います。漫画好きの中で同人業界の功績を否定する人はいないんじゃないでしょうか。ところが、音楽は漫画と違って「締め付ける」方向に向かっている。漫画と音楽を比べること自体が無意味かもしれませんが、比べる意味のない本当の理由は、ジャスラックが独占しているところにあります。

日本の漫画の著作権は「作者」にあります。ちなみに欧米では出版企業が保有しています。出版するときに作者から買い取るんです。だから欧米では著作権にはやたらと厳しい。日本の場合は、作者に著作権があるために著作権の管理そのものが曖昧になっていて、二次創作したからといって取り締まれない…という事情もあるのですね。いやいや、著作権を守るために小学館や集英社などの企業が協力して同人誌を駆逐することも出来たでしょう。著作権が作者にあったことは要因であっても、それだけが原因ではない。やっぱり日本人の「性質」が大きいと思いますが、ま、そこは置いておいて。

ともかく同人業界を取り締まらなかったからこそ、漫画業界は深く、また広く、層の厚い業界に育ったのです。
スポンサードリンク

JASRACの縮小を

私はジャスラックが権利管理業を実質独占していることが「大きな問題」だと思います。いくつかのアーティストを抱える企業が、ジャスラックから離れ、新しい著作権管理団体を立ち上げるか、すでにある小さな団体に委託することで、適切な「音楽管理」とは何か?を競争の中で模索する必要があると思います。その状態を目指して政府が積極的に「独占禁止法」でジャスラックに圧力をかけるという手も取るべきではないでしょうか。

ページ一覧

ネット界隈コラムの表紙へ
Page 18 「タトゥーの人は銭湯に入れない」は人権侵害か?
Page 19 ジャスラックが式辞の歌詞から著作権を請求…ジャスラックはマネージメント力が不足している
Page 20 音楽ソフトを消費しない理由を消費者の立場で考える
Page 21 テレビと芸人に感じる、盛者必衰の理
Page 22 JASRACが18年1月から使用料徴収へ…議論の途中で既成事実化を図る
Page 23 4K放送はなくてもいいんじゃない?
Page 24 テレビが面白くなく感じるのは「信頼」じゃないか??
Page 25 youtuberの崩壊? googleはこう考えている
Page 26 大企業が支配する多様性のない世界
スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集