テレビと芸人に感じる、盛者必衰の理

MENU
TOP >> テレビと芸人に感じる、盛者必衰の理
スポンサードリンク

テレビと芸人に感じる、盛者必衰の理

まとめ
●テレビと芸人がyoutuberを見下している。
●youtuberやブロガーは本来、テレビや雑誌が得ていた企業の広告費を奪っている。
●youtuberやブロガーは既存のメディアの取り分を奪うもの。
●テレビと芸人がyoutuberを見下すのは商売敵を憎むのと同じ。ましてや低品質なんだから余計に腹がたつのも当然。

テレビにとってのyoutuberの存在

YouTuberが得ているお金は、かつてテレビ局が企業から得ていた広告費です。かつては電通といった広告代理店を経由してテレビ局に流れていたお金が、ネットを通じて個人的にコンテンツを作っている人(youtuber)に流れるようになったわけです。

YouTuberにお金が流れるということは、テレビの制作費が減るってことです。テレビの制作費が落ちている原因の全てがYouTuberではないのですが、象徴的な存在ではあるんですよね。わかりやすい構図に見えるでしょう。素人のコンテンツが、プロのコンテンツからお金を剥ぎ取っていくのです。
スポンサードリンク

芸人がyoutuberを見下すのは当然のこと

テレビに出ている芸人がYouTuberをバカにして見下すのは、当然なんですよ。敵対しているものですから。キャラ被りでもあります。YouTuberのみならず、ネットに広告費が流れることでテレビの制作費が落ちているんだから否定して当然。シェア争いの相手であり、同族嫌悪といってもいいでしょう。

これはかつて、落語家が漫才やコントを「いろもの」と見下した言い方をしたのと同じです。もしくは、映画からテレビへと動画コンテンツが移行するときに、映画人がテレビを格下に見たのと同じですね。テレビから見ればyoutuberは似ている…でも、王道じゃない。邪道であり、自分の価値観では否定されるべきものではある。さらに低品質なのは明らか。ところが程度が低いというのに、大衆からは支持を得ている。支持を得ているが認めがたい。

驕れるものも久しからず

最近、思うのはかつて、された仕打ちを、テレビと芸人が別のもの…YouTuberにしているってことですね。もちろん、今後YouTuberが芸人に成り替わり、テレビが完全に破綻するとは思いません。だって、上にあげた落語も、映画も縮小しながらも残っていますからね。
ただ、思うのは、歴史は繰り返す。奢れるものもひさしからず。ただ、春の夜の夢のごとし…だな、ってことです。

ページ一覧

ネット界隈コラムの表紙へ
Page 17 女装した中年男と新時代のネット情報リテラシー
Page 18 「タトゥーの人は銭湯に入れない」は人権侵害か?
Page 19 ジャスラックが式辞の歌詞から著作権を請求…ジャスラックはマネージメント力が不足している
Page 20 音楽ソフトを消費しない理由を消費者の立場で考える
Page 21 テレビと芸人に感じる、盛者必衰の理
Page 22 JASRACが18年1月から使用料徴収へ…議論の途中で既成事実化を図る
Page 23 4K放送はなくてもいいんじゃない?
Page 24 テレビが面白くなく感じるのは「信頼」じゃないか??
Page 25 youtuberの崩壊? googleはこう考えている
スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集