女装した中年男と新時代のネット情報リテラシー

MENU
TOP >> 女装した中年男と新時代のネット情報…
スポンサードリンク

概要

まとめ
●女装した中年男性が不審者情報になった。
●女装は犯罪ではない。よってLGBT差別ではないか?と言う指摘もある。
●差別的な印象を受けるから情報を出さないのではなくて、差別であろうとも一次情報は全て出すべきだと私は考えています。問題とするべきは、一次情報ではなく一次情報を元にした二次的な情報…情報というか発言です。そこから先に限定するべき。
●これまで情報は新聞やテレビや雑誌といった既存のメディアが独占してきた。一次情報は流すべきか、流さないべきかを「決める」のが当たり前だと思っている。
●次の時代は一次情報は全て流すようべきではないか?とは思うが、ユーザーがそこにまで達していない(情報慣れが足りないのではないか)。

女装中年男性は不審者か

女装して自転車で疾走する中年男が出没 糸島市
14日午後5時ごろ、福岡県糸島市神在で、女装した男が出没しているのが確認された。福岡県警糸島署によると、不審な男は40歳代ぐらい。黒縁の眼鏡、白色シャツ、黒色ズボン。屋外で着替え、エプロンのような服を着て女装し、銀色か白色の自転車に乗っているという。
=2017/05/15 西日本新聞=
https://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/328407/ 

女装した男がであることは不審者情報になる?
こういうのって「LGBT差別」にならないんでしょうか。
女装は犯罪じゃないし、昨今の動きとは逆行する報道ですよね。
女装した男は犯罪をする確率が高いのでしょうか。
これは偏見じゃないのでしょうか。

しかし「変」ではあるのです。

記事には女装としか書いていない。その女装がどんな印象を受けるのかは分からない。メイド女装だけど、可愛い男の娘って感じじゃなかったのでしょう。可愛い男の娘じゃ「不審者」じゃない。パッと見て不審者だったのでしょう。いや、それもハッキリしない。その「不審者に見えた」ってのも通報した人の「主観」です。この「通報」が客観的に妥当なのかどうかも、この情報では判断できない。
スポンサードリンク

出来ること

この情報がLGBTに対する差別偏見であるという指摘はあるかもしれませんが、仮にこの一次情報を流すことが「差別」であるとして、それを理由に情報が引っ込められた後に、この不審者が問題(犯罪)を起こしたとき、その「差別」指摘は「犯罪幇助」というニュアンスを持つようになります。意図したわけではないが、犯罪者を助けた。すでに不審者情報はあったのに、一次情報をせき止めて、被害の拡大を招いた。そう受け取られてもおかしくない。そうなると問題はややこしくなります。
止めるべき情報と止めない情報を
私としては一次情報は全て公開するべきだと考えています。不審者情報にしろ、他のカテゴリにしろ、ほとんど加工のない情報は一次情報として全て公開する。「それを発表することは人権侵害」という批判はしてはいけない。ただし、その一次情報をまとめて差別的な「見解(二次情報)」を書くことはNG。例えば、上記の情報を元に「女装しているやつはみんな犯罪者」と書いたらアウト。そこが線引きでしょう。
例えば
例えば、統合失調症の人間が大きな犯罪を犯したとする。その犯罪の一次情報を公開しないのはまずい。一次情報は出す。この一次情報を世に出すことを「人権侵害」というのはダメです。これは知る権利を侵していますし、有権者が社会を正しく認識できなくなる。ただし、その一次情報から差別的な見解(二次情報)を示すことはダメ。どの程度の「見解(二次情報)」が差別的であるのか?というのが問題であって、(犯罪にしろなんにしろ)一次情報を公開することが人権侵害というのは困る。これでは「情報・報道が社会を反映している」とは言えない。正しい情報が得られなければ、正しい判断はできない。正しい判断ができなければ社会は運営できないのですから、これは避けなければいけない。
●一次情報は全て流すべきですが、もちろん個人情報など流してはいけないものもある。犯罪情報は個人情報ではなく、社会が共有しないといけない情報。
スポンサードリンク

関連リンク

そのためにはユーザーの情報慣れが必要だと思います。
つまり、まだ今回のコラムの提言は現実的ではありません。
なぜか…?

この次の時代の情報リテラシーがまだ対応不可能なのは、既存のメディアが「情報を独占して、どの情報を流し、流さないかを決めていた」慣習がユーザーの頭に残っているからです。まだ我々の頭の中は新しい時代の情報の扱いに対応できておらず、古いやり方…情報を出すか出さないか?…に縛られているんです。
詳細はまたいずれ書きたいと思います。

ページ一覧

ネット界隈コラムの表紙へ
Page 13 ネットの意見を自分の意見と混同しない未来の成熟したネット社会
Page 14 みんなが「好きなことで食べていく社会」は未来はやってくるか
Page 15 ベーシックインカムは今は上手くいかないが…未来は上手く行くかも
Page 16 元SEALDs諏訪原健「僕の奨学金記事へのご批判に対し、思うこと」に思うこと…ネット記事の発信について
Page 17 女装した中年男と新時代のネット情報リテラシー
Page 18 「タトゥーの人は銭湯に入れない」は人権侵害か?
Page 19 ジャスラックが式辞の歌詞から著作権を請求…ジャスラックはマネージメント力が不足している
Page 20 音楽ソフトを消費しない理由を消費者の立場で考える
Page 21 テレビと芸人に感じる、盛者必衰の理
スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集