テレビのビジネスが行き詰まる理由

MENU
TOP >> テレビのビジネスが行き詰まる理由
スポンサードリンク

概要

まとめ
●テレビは流行を示すものだった。
●テレビを見ないと話題についていけなかった。
●テレビは人間関係を構築する上で必須のツールだった。
●現在は違う。
●人間関係に必要ではないために、必須のツールではなくなった。
●流行に乗り遅れることに視聴者が焦らない。
●かつてより見る動機が減っている。
●大同小異の番組を作るのをやめないと、業界全体が劣化する。
●どこかのテレビ局が潰れるまで本気にはならないのではないか。

テレビのコンテンツは衰えたか?

私はテレビっ子でした。
今は、テレビは見ません。
正確には地上波のテレビを見てないだけで、テレビ番組自体はネットを通じて見ています。だからテレビのコンテンツ自体は決して衰えたとは思いません。いや、そもそも、テレビ番組は選択して意図的に見ようとするものではなくて、ダラダラと時間を潰すために見るものですから、現在が昔よりテレビが衰えてダメになったとはそれほど思っていません。正直、そんなものだろうくらいの感覚です。

変化したのはコンテンツではなく環境だと思います。
そして、環境が変わったということはビジネスが変わったということです。
スポンサードリンク

テレビのかつての役割は終わった

かつてテレビは話題の的でした。
私たちは目の前の人間関係を大事にしないといけないから、テレビを見ていた、ってところがあります。テレビを見ないとマズイのです。何せテレビの情報が翌日の会話の中心でしたから。テレビのタレントやドラマの内容が、バラエティのギャグが、ワイドショーのゴシップが、印象的なコマーシャルが、人間関係の大事なツールでした。それらを知らないと話題についていけない。知らないとハブられる。
職場や教室のクラスメートとうまくやっていくのが何より大事だから、テレビはその人間関係のためにも大事な情報源でした。

しかし、現在はネットが普及し、人間関係は職場や学校だけではなく、ネット上にも広がるようになり、そこでの人間関係を重んじるようになります。例えばオタクはオクタでネット内で関係を持つようになる。そこではオタクの知識が大事な人間関係ツールです。となると、必ずしも、テレビという共通の話題を持つ必要がなく、オタクは好きな分野にどんどん傾倒していきます。

日本人が目の前の人間関係を重要視しなくなったのではなくて、かつては「目の前」にしかなかったものが、ネット上にもあるってだけです。大したことはないんですが、これは意外と大きなことです。「選択肢」が現れたんです。目の前の人間関係から逃げて、自分の得意な、好きな領域に注力してもよくなった。逃げ場ができたと言っていいかもしれませんね。
スポンサードリンク

テレビ=流行ではなくなった

テレビは流行を指し示し、消費していくものでした。
かつて、流行に乗れないってことは、人間関係を失うことになりかねなかった。

でも、現在では、流行に乗らなかったからといって消費者が焦らない。
人間関係のために流行を追っていた人が多かったのですが、選択肢がある以上は、流行を追いかけないといけないってわけでもないんです。いや、追いかける人は今だって追いかけるんですよ。でも、追いかけないでいいと考える人が増えた。追いかけなくていいと世間が思い始めた。追いかけないことに違和感を感じなくなった。それはそれでそういう生き方もいいだろうと認めた。だから焦らない。情報を求める動機が減ってしまった。

となると、テレビを…特に情報番組やバラエティを見る理由はないんですよ。知らないなら知らないでいいんですからね。それで何が悪いってことです。

テレビはこれから、質を求められるようになるでしょう。流行を示すものではなくて、本質を高めるしかない。そうして支持者を増やすしかない。しかし、芸人をひな壇に並べて、番組を作ってきた人たちに質の高い番組って作れるんでしょうか。それはそれでいいんですけど、今までみたいに、大同小異のほとんど同じ番組を垂れ流すのは限界にきている。おそらく、テレビ局が潰れるところまでいってやっと危機感を抱くんでしょう。それまでは、今まで通りでしょうね。問題はそこから先です。むしろ、そこから先はテレビのコンテンツは強くなると思います。だから私は楽しみにしているんです。

ページ一覧

ネット界隈コラムの表紙へ
Page 6 配布のイコカカード転売される……オリジナルICカードを高値で最初から売ったらどう?
Page 7 Ubisoft Osaka社員募集に見る日本の「夢と金」問題。
Page 8 くら寿司で考えるネットの書き込みと企業の対応
Page 9 クロネコヤマトが自動運転の実証実験を開始!…自動運転の未来図
Page 10 テレビのビジネスが行き詰まる理由
Page 11 ビールをゴクゴク飲む広告は禁止?…だったら治療効果を報告しなさいよ
Page 12 メルカリの現金&パチンコ特殊景品と貧困問題
Page 13 ネットの意見を自分の意見と混同しない未来の成熟したネット社会
Page 14 みんなが「好きなことで食べていく社会」は未来はやってくるか
スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集