Wi-Fiのテザリングが不安定ならUSBにしましょうよ

MENU
TOP >> Wi-Fiのテザリングが不安定ならUSBに…
スポンサードリンク

概要

ここではテザリングはUSB接続が一番安定しているよね、と言うお話のまとめです。
まとめ
●テザリングにはWi-Fi・Bluetooth・USBがある。
●Wi-Fi・Bluetoothは切断する。
●Bluetoothの方が安定しているが、それでも切れる。
●有線接続のUSB接続だと切れない。すごく当たり前だけど。
●有線接続は見た目がアレだけど、仕事でテザリングを使う以上は「安定」していることが大事。
●USB接続が良い、と思う。
●USB接続にはUSB←→Lightningのケーブルが必要。
●MacBookの場合はUSB-Ctype←→Lightningのケーブルが必要。ところが、USB-Ctype←→Lightningのケーブルがまだ売られてない(少ない)。
●USB-Atype からUSB-Ctypeの変換アダプターを私は買いました。

接続方法とそれぞれの性質

私はiPhone6を持っています。
これでテザリングをするのですが、テザリングには三種類あります。
一つはWi-Fi。
一つはBluetooth。
一つはUSB有線。

Wi-Fiは速度は早いが、データのやりとりが無いと切断します。
Bluetoothは速度が遅いですが、データのやり取りがなくても切断しにくいです。
USB有線は速度が速くて、切断もしないですが、有線でかさばるし、ダサい。
スポンサードリンク

USB接続ならば、切れないぞ。当たり前だけどね。

今はパソコン側から操作するだけでWi-Fiテザリング出来るので一番楽だし、無線でかっこいいからこれがいいのですが、まぁ、不安定なんです。実はBluetoothも接続が切れることが多い(全く切れないこともあるけど、切れることも多い)。
切断しやすいし、繋がりにくい。
ならば、いっその事、USB有線でパソコンとつないでしまいましょう。
これなら、大丈夫です。
そりゃ、ちょっとカッコ悪いけど、繋がらないよりはね。

仕事で大事なのは「繋がること」です。
繋がらないと仕事にならない。
一番避けたいのは繋がらないこと。

ここからは余談です。

私はmacbook2015を使っています。
Retinaで12インチで軽いアレです。
このmacbookは端子がUSB-TypeCしかありません。
充電もデータ通信もこの一本だけ。
これをUSB有線でiPhoneとつなぐということは
Lightningオス〜USB-TypeCのケーブルが必要です。


これが家電量販店で売ってないんですよ。
しょうがないからアマゾンで買うか、
変換アダプターを購入します。
私は変換アダプターを買いました。

ページ一覧

Apple製品の表紙へ
Page 21 トラックパッドモードで以前より仕事に使えるiPad
Page 22 pagesが無料でダウンロードできない理由
Page 23 iPadは壊れない。買い替え頻度は4年に一回。
Page 24 母(70歳越え)の母親に渡すべきiPhoneはどれか
Page 25 Wi-Fiのテザリングが不安定ならUSBにしましょうよ
Page 26 baseus usb-typeC変換アダプター 充電機能付きレビュー
Page 27 iPhoneSEを買って3週間後の感想
Page 28 iPad pro10.5を買ったよ!レビューだ!
Page 29 iPadpro10.5を1ヶ月使った感想・レビュー
スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集