内容を薄めないために

MENU
TOP >> 内容を薄めないために
スポンサードリンク

ネタを集めよう

内容を薄めない努力。それは結局ネタ集めです。なぜ内容が薄くなるのかというと、それは知識が薄いからです。知識があれば、小さな取っ掛かりから面白い話がつながってきます。

ネタ集めとは読書

本を読む。本を読むと、当然知識が増えます。これは意外と強い。使えます。知識があるということは、いくつもの武器を持っているに等しいです。一冊の本を読んだことで、同じテーマなのに、別の切り口の記事が書ける、そういうことはよくあります。つまり、知識を得るたびに同じテーマで書いても、別の記事が出来るということです。まぁ、それはやりすぎというものですが、そのくらい本を読むことには意味があります。

ネタ集めとは取材

本は知識に過ぎません。その点、現地に赴いて感じたこと、見たこと、触れたこと、食べたこと、聞いたことには単なる言葉ではない、肉の付いた「事実」があります。これは本を読んだだけでは表現できないことです。

ネタ集めとは体験

当サイトは植物・園芸サイトですから、「花の育て方」が大事なコンテンツです。ここでは知識や取材ではなく、実際に育てたという体験談が何よりの情報となります。肥料にどんな元素が含まれているか? 植物の名前の由来という知識なんて、実際に●●という肥料で元気よく育ったという「体験談」の前には何ら太刀打ちできないものです。
スポンサードリンク

ネタ集めとは……

となると体験談が一番価値があることになります。しかし体験談は価値が高いのですが、そうそう毎日発信できるわけがありません。つまり数に限りがあるのです。
理想はこれらのネタ集めの手法をミックスし、時には知識で、時には取材で、時には体験談で、と硬軟織り交ぜつつ更新して行くことです。

ページ一覧

記事を書くコツまとめの表紙へ
Page 3 参考と引用とコピーの違い
Page 4 引用の作法
Page 5 ブログなどでの引用の仕方
Page 6 テキストは400字以上書くこと
Page 7 内容を薄めないために
Page 8 アイデアをまとめるにはエバーノート使いづらい 手帳の利便性を
Page 9 SOHOが車でお仕事をするために必要なもの
Page 10 日記でアクセスを集めるコツ
Page 11 デスクワークにワイヤレスヘッドフォンのススメ(仕事が捗る)
スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集