pagesが無料でダウンロードできない理由

MENU
TOP >> pagesが無料でダウンロードできない…
スポンサードリンク

pagesが無料でダウンロードできない理由

まとめ
●Pages、Numbers、Keynoteは購入後30日はダウンロードできるが、その後はダメ。
●macを中古で買ったり、人から譲り受けた時にOSを再インストールした場合はダウンロードできない。
●買うしかない。
●2017年1月時点

pagesがダウンロードできない

両親にMacbookを譲りました。
そのMacBookは当然、データを消去して渡しました。
そりゃ、うっかり何かしらを見られたら、たまらないですからね。
するとインストールしてあったpagesも消えますよね。
他のアプリも全部消えるんですけどね。

で、両親が文書アプリで何か書きたいと言い出しまして、じゃあ「pages」でいいじゃん、と思っていたんですが、なぜかダウンロードしようとすると、有料なんですよ。
2400円払わないとダメみたい。
おかしい。
pagesは無料でインストールできるのが当たり前のはず。

そんで調べて見ました。
スポンサードリンク

pagesがダウンロードできるのは購入後30日まで

Pages、Numbers、Keynoteなどは無料なんですが、これをダウンロードできるのは購入後30日だけ。
http://www.apple.com/jp/creativity-apps/mac/up-to-date/

一回、購入後にApple Idで紐付けて、インストールすれば大丈夫なんですよ。
でも、うっかりダウンロードしないで30日経過したり、
OS再インストールして、AppleIDを新規登録したらPages、Numbers、Keynoteは有料になります。
まぁ、Word for mac(15000円くらい)を買うよりはかなり安いし、中古で買ったのならば、多少は安かったでしょうから、Pages 2400円はしょうがないのかもしれないですね。

ページ一覧

Apple製品の表紙へ
Page 18 MacBook Proを格安で買う!整備済製品がオススメ
Page 19 ノートパソコンを落下させないようゴム紐をつける
Page 20 macbookでテキスト作業(ブログ)は十分。どのくらいでもたつくか?
Page 21 トラックパッドモードで以前より仕事に使えるiPad
Page 22 pagesが無料でダウンロードできない理由
Page 23 iPadは壊れない。買い替え頻度は4年に一回。
Page 24 母(70歳越え)の母親に渡すべきiPhoneはどれか
Page 25 Wi-Fiのテザリングが不安定ならUSBにしましょうよ
Page 26 baseus usb-typeC変換アダプター 充電機能付きレビュー
スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集