テキストは400字以上書くこと

MENU
TOP >> テキストは400字以上書くこと
スポンサードリンク

短いテキストはユーザーを落胆させる

あなたがもしも、あるブログにたどり着いたとき、その文章が1センテンスか2センテンス程度の短文しかなかったら、ガッカリしませんか??

文章は長く、でも薄めないように

ブログやコラムや、その他なんでもそうですが、ネットに記事を載せるのであれば、その文字数は400字以上にします。400字じゃないといけないという厳密なものではないですが、大体そのくらいは書く必要があると考えてください。

400字は苦労

しかし、400字書くのは意外と大変です。原稿用紙一枚が400字ですが、あれは改行などで空白が出来るので、実際には300字程度ということもあります。ここで言う400字は実際に400文字であり、絵文字や句読点は含まれません。

薄めない努力

とはいえ書ける内容がそうそう毎日あるわけもなく、僅かなネタで400字埋めようとします。そうすると、どうやって薄めるか?とズルイことを考え始めます。「短文で同じ主語と述語を何度も書いていれば、かなり水増しできるぞ……」「改行を乱発すれば沢山に見えるんじゃないか?」「内容の無い文章をたくさん書けばいい」――そういうことはしないでください。

ではどうやって内容を薄めないで濃くするか……詳細は次のページで。

ページ一覧

記事を書くコツまとめの表紙へ
Page 2 テキストをコピーしない
Page 3 参考と引用とコピーの違い
Page 4 引用の作法
Page 5 ブログなどでの引用の仕方
Page 6 テキストは400字以上書くこと
Page 7 内容を薄めないために
Page 8 アイデアをまとめるにはエバーノート使いづらい 手帳の利便性を
Page 9 SOHOが車でお仕事をするために必要なもの
Page 10 日記でアクセスを集めるコツ
スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集