ルンバで生活はどう変わったか?

MENU
TOP >> ルンバで生活はどう変わったか?
スポンサードリンク

概要

まとめ
●床に物を置かなくなった。
●家具を見る目が変わった。
●掃除が楽。
●掃除のことを考えなくなった(=ストレス軽減)。
●実はさほどすごい変化はない。

ルンバを買って生活はどう変わったか?

ルンバってちょっと夢家電ですよね。
ちょっと高いしね。
だからルンバに大きな夢を持ってる人がいるんですが、それほど大きな変化はないです。なんて夢のないことを言うのか!と思うかもしれませんが、それは期待ほどではないよ、ってことです。変化はあり、そこから得られる利益は十分にあります。

変化

床に物を置かなくなった
まぁ、元々、あんまり置くタイプじゃないんですけどね。
掃除中の事故を防ぐために、気を使いますね。
家具の見方が変わる
ルンバを稼働した時に、邪魔じゃないか?とか、迷い込まないか?とか、傷つかないか?とか、変な見方をするようになります。
掃除が義務じゃなくなる
ルンバがない頃ってのは、掃除しないといけない。掃除をしないとハウスダストで体調が悪くなるかもしれないから、掃除をしないといけない。と考えていました。でも、面倒。面倒だからやらない。やらないでいると義務感は強まる。それがなんかしんどいって悪循環ですよ。
今は、ちょっと掃除が必要だと思ったら、ルンバをポチです。
簡単。
掃除のことを考えなくなる
私、食器洗浄機も持っています。
どちらも「時短家電」ですよね。
生活の中のやらなくちゃいけない作業を機械で代用する。
その空いた時間をユッタリと過ごしたり、他の業務に振り分けることで、豊かな生活にする家電です。
こういう家電の良いところは、時間に余裕ができるってことよりも、そのことを考えなくなるってことじゃないかと思うのです。
頭の中のタイムスケジュールにあった「掃除」「食器洗い」が、スコンと抜けて、その間、別のことを考えることが出来るようになります。ストレスも減りますよ。

これは本当に気が楽です。
スポンサードリンク

変わったけど、変わってない

実はそれほど変わらない
私としてはこのくらいの変化です。
十分な変化なんですよ。
しかし、劇的な変化とは言えない。
なぜか?

多分、掃除というものの価値を、私が重きを置いていないからでしょ。
掃除は「現状維持」を目的とした作業です。何も生み出さないし、変化しない。いや、変化せず、一定の質を保つのが「掃除の目的」ってものです。そういう作業って、「男」は苦手なんですよ。なんかを生み出さないとやる気が出ない。そういう生き物です。
●料理は嫌いじゃないけど、洗い物は嫌とか。

しかし、だからこそ、こういう家事を機械に任せるのは有効だと思うのです。その作業に価値を見出せないタイプの人間こそがルンバを買うべきでしょう。

ページ一覧

ルンバで生活が捗る!の表紙へ
Page 10 ルンバの頻度はどのくらい? 週に一回で十分
Page 11 MDR-100ABN(ソニーのワイヤレスヘッドフォン)のレビュー
Page 12 ルンバは昼に稼働させるべき理由
Page 13 MDR-100ABNを買って生活が捗る!
Page 14 ルンバで生活はどう変わったか?
Page 15 仕事をしないといけないのに、ついついyoutubeやテレビを見てしまう集中力のない人の解決策
スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集