Macbook と surface pro 3はどちらが使いやすいか

MENU
TOP >> Macbook と surface pro 3はどちら…
スポンサードリンク

概要

まとめ
●試用感はMacBook。
●持ち歩くならば、どっちでも一緒。
●イラストを描くならsurface。

MacBookとsurfaceを比べる

わたしはMacBookとsurface pro3の両方を所持しています。両方を使った場合の正直な感想を羅列しておきます。
surfaceは重い
MacBookは1キロ。surfaceはキーボードを入れると1.5キロ。surfaceは重すぎ。まぁ、ここまで来ると、リュックに入れてしまえば、どっちでもいい程度の違いかもしれない。

スクロールなどの使用感はMacbookの圧勝
キーボードの使い心地や、とくにMacbookのトラックパッドの使いやすさは凄まじいとしか。トラックパッドを一度使ってしまうとウィンドウズのそれは玩具だと感じるはず。

surfaceならイラストが描きやすい
わたしはブログなどにイラストを描きます。このイラストを描くといっても、プロ並みにうまいとかじゃなくて、本当に簡単なスケッチなんです。線描して、色を付けて、はい終わり。でも、これがブログでの説明にはすごく大事で、これができるかどうかで、売り上げが変わってくると言っても過言じゃない。
で、わたしはイラストを描く目的でsurfaceを買ったんですね。これに関してはsurfaceのボロ勝ちなんです。Macbookにペンタブを外付けしても、直接画面に書き込むsurfaceのような使い方は出来ません。

処理が速いのはMacbook
ウィンドウズしか使ったことのない人は分からないことですが、Macはとにかく処理が速い。ちょっとしたことですが、速いので、使いやすい。一度Macbookを使うとウィンドウズのちょっとした遅さが辛くて。
●よくMacはCPUが弱いという人がいるのですが、MacのほうがCPUが弱くても、それでも体感の処理速度が速いのはMacです。この辺りは、MacがOSを最適化しているからだと思われます。

拡張性はsurface
surfaceに拡張性があるかどうかというよりは、Macbookにはusb-cという斬新なのしかついていない。これが不便と文句を言っている人は多いだろうと思う。でも、これはまぁ、ショウガナイ。

画面が見やすいのはMacbook
網膜がドットを認識できないくらいに小さいことが売りのレティーナ。レティーナが世に出てからかなり時間が経っているのだから、Windowsだってかなり近づいている、と思いきゃ、全然追いついてない。文字がぼやけていてとにかく見づらい。目がチカチカする。surfaceは長時間の使用に耐えない。surfaceというよりはWindowsがダメ。
スポンサードリンク

どっちが得か

わたしは2年前まではWindows派でした。それが
この2年は完全なMac派。
Macの優れているところは「試用感」の一言に尽きます。細かいことを言えば、Windowsの方が良い点もあるのですが、とにかく使っていて「反応」がいいのはMac。

イラストを描かない・Windowsじゃないとできない仕事があるなら、surfaceが適していますが、単にネット・文章入力くらいならば、MacBookが最適。まぁ、金額の問題があるのですけどね。

ページ一覧

Apple製品の表紙へ
Page 10 macbook2015を2ヶ月ほど使ってみてわかったこと
Page 11 imac5k 27インチは肩こりになるぞ
Page 12 ライトユーザーにこそMacを勧める理由
Page 13 imac5kを1年使って分かったこと、目がチカチカ・肩こり
Page 14 Macbook と surface pro 3はどちらが使いやすいか
Page 15 とにかくWindowsは使いづらいから嫌い
Page 16 MacBook Pro15インチと13インチを比較する
Page 17 MacBook Pro13インチを修理した時の金額4万円
Page 18 MacBook Proを格安で買う!整備済製品がオススメ
スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集