テキストをコピーしない

MENU
TOP >> テキストをコピーしない
スポンサードリンク

絶対にコピーしない

ネット上には情報のテキストが幾らでも存在します。そこら秀逸なものをコピーすれば幾らでも、コラムを書くことも出来ます。これなら簡単ですし、秀逸な記事を集めれば、ユーザーにとっても、有意義な情報ばかりが集まることになります。

まとめサイトの危険性

そういったネット上の秀逸な記事をコピーして寄せ集めたサイトを「まとめサイト」と呼びます。2ちゃんねるのまとめサイトはとても有名ですし、便利なので私はほぼ毎日、覗いています。2ちゃんねるの面白いところだけを抽出しているので、助かります。でも、当コラムで書くときは他のサイトの記事をコピーするのは絶対にしないでください。

テキストのコピーのリスクについて

テキストのコピーをすることで、検索エンジンから「このサイトはコピーばかりだ」と認識されて、検索にヒットしづらくなります。他に大きな問題は著作権です。現在のネットでは著作権の問題は、あるような、無いような曖昧な問題ではありますが、著作権が社会問題に発展したときに大きな損害を被る可能性があります。まとめサイトの運営者さんはここいらの問題については、認識した上で運営しているはずです。
スポンサードリンク

参考と引用とコピー

例えばwikipediaの記事を参考にしてテキスト書くのはOKです。記事の文章を引用するのも、ルールを守ればOK。コピーはNGです。

それで参考と引用とコピーはどう違うのか??
それは次のページで。

ページ一覧

記事を書くコツまとめの表紙へ
Page 1 画像はできるだけ挿入しましょう
Page 2 テキストをコピーしない
Page 3 参考と引用とコピーの違い
Page 4 引用の作法
Page 5 ブログなどでの引用の仕方
Page 6 テキストは400字以上書くこと
Page 7 内容を薄めないために
Page 8 アイデアをまとめるにはエバーノート使いづらい 手帳の利便性を
Page 9 SOHOが車でお仕事をするために必要なもの
スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集