モバイルルーター(4G・LTE)と光回線の速度の差

MENU
TOP >> モバイルルーター(4G・LTE)と光回…
スポンサードリンク

概要

まとめ
●WiFiモバイルルーターは戸外に持ち出せるメリットがあるが、家の光回線には速度で遠く及ばない。
●WiFiモバイルルーターを持っても、スマホは手放せない。それならスマホのテザリングで代用したほうがいい。
●スマホのテザリングは会社によって一ヶ月に利用できるギガ数が違うが、どれにしても動画や大きなファイルでも扱わない限りは、十分余る。
●スマホ+家は光回線、というのが正しい選択。
●ただし、家での使用がほとんどなく、戸外での使用がほとんどならば、WiFiモバイルルーターは良い選択肢となる。
●以上の話は2014年12月時点の話。

WiFiモバイルルーターは光回線の代わりになるか?

WiFiモバイルをひとつ持って、戸外・室内利用をこれで賄おうと考えている人は多いかと思います。しかし、WiFiモバイルは戸外はともかく室内利用でも十分な機能を果たすのだろうか?と思っていませんか??

光の速さには敵わない

WiFiモバイルは4G・LTEですから(会社にもよりますが)回線速度は150Mとか75Mとかです。それに対して光回線が100Mとか1000M。1000Mは特殊なので例外として、数字でいうと数字の上ではWiFiモバイルと光回線は大差ないような気がします。ところが、体感でいうと断然WiFiモバイルが遅いです。光回線に慣れた人なら我慢できないでしょう。

なぜなら、WiFiモバイルは利用者で回線を共有しているからです。その地域でたくさんの人が一度につなげば、一人当たりが利用できるデータの量が少なくなり、非常に遅くなります。よって都会では契約者が多すぎて繋がりにくく、田舎ではカバーしているエリアそのものが少ないという、どちらに転んでもなかなか辛いものがあります。
素直に家は光回線。戸外で利用するときはスマホのテザリングを利用するのが賢明です。スマホのテザリングは月利用のギガ数が決まっていますが、料金を払えば増やせますし、大体7Gも使うことは普通の使い方(大きなファイルやりとりをしないなら)をしている限りはほとんど無いです。

ただWiFiモバイルはなんだかんだ言っても、どこでも使えるという「利便性」があります。家の光回線をWiFiモバイルで代用するのは厳しいですが、戸外での利用が多く、明らかにテザリングでは間に合わない人や、家での利用がほとんどない人は、WiFiモバイルは賢明な判断です。

ページ一覧

携帯・スマホ関係記事の表紙へ
Page 8 iPad mini+ロジクールウルトラシンキーボードが便利。
Page 9 iPad iPadminiで立て横表示を固定する
Page 10 iPhoneを買うよりガラケーとモバイルルーターが得かも
Page 11 MacBook AirとiPad mini+キーボードはどちらがよいか?
Page 12 モバイルルーター(4G・LTE)と光回線の速度の差
Page 13 Battopは簡単な入力には良い
Page 14 auのMNP手続きの方法…予約番号の取得(電話・ウェブ・取次店)
Page 15 MNPをするのに適した時期は月末
Page 16 ブラウザ・メール・動画鑑賞くらいならばPC不要。タブレットで十分
スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集