テーマを絞るべき

MENU
TOP >> テーマを絞るべき
スポンサードリンク

テーマが大事

あなたが好きなことを書きます。分からないことは調べて書きます。もちろん検索でアクセスを集めやすいキーワードをタイトルに選んで、記事・日記を書くと良いです。

そうやってなんとなく書いていると、どうしても内容が多岐に渡ります。だから、テーマは分散しがち。でもテーマは絞るべきです。

テーマを絞る理由

グーグルは世界中のサイトのページを収集して、検索した言葉にもっとも適したページを紹介しようとしています。そのページの選定に沢山の要素が絡んでいます。
その中の一つがサイトが何を専門的に扱っているか??というのがあります。
専門のサイトにしよう
色んなことが雑多に書かれたサイトにあるSEOの記事と、SEOの情報ばかりを集めた専門サイトのSEO記事だったら、SEO専門サイトの方が上位に出やすいです。SEOの中でもリンクの効果についての情報ばかりを集めたサイトなら、リンクに関する検索では上位に行きやすいです。

これは雑多に書かれたサイトに仮に良い情報があったとしても、その記事一つであり、その後のページ閲覧のことを考えると専門サイトの方がよりユーザーにとって利便性が高いから(とグーグルは考えているため)です。
スポンサードリンク

具体的に

花の育て方をまとめたサイトの中に突然SEOの手法が書かれていたら、グーグルはそのSEOのページをあまり評価しません。またSEOの記事を書くと、花の育て方のほかのページに関しても評価が下がります。これはあくまで要素の一つですから、絶対的な要素ではありません。

関連リンク


ページ一覧

初心者のためのSEOの表紙へ
Page 3 検索エンジンのブラックボックス
Page 4 ホワイトハット・ブラックハット
Page 5 ページ内容の濃さが大事
Page 6 変わっていく状況、情報収集は?
Page 7 テーマを絞るべき
Page 8 継続は力、SEOの基本
Page 9 テーマ選びと継続は相反する
Page 10 継続とテーマはどちらが優先するか
Page 11 超重要!エロ記事は書かない
スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集