アフィリ生活は怖い。だから努力する

MENU
TOP >> アフィリ生活は怖い。だから努力する
スポンサードリンク

概要

まとめ
アフィリエイト生活は楽
●もう普通の勤め人には帰れない
●この仕事を失う恐怖がある
●だから努力する

アフィリ生活二年

アフィリで生活するようになってもう二年になる。
知り合いが介護士をやって居て仕事がキツそうなのを見ると、このブログを適当に書いて、そこそこの収入を得る現状は実に楽だなと思う。何度も書くようだけども、仮に毎日同じだけ働いているとしても、「仕事だからやる」という場合と、「興味があることを仕事にする」では、体感時間が違う。楽しいことをしている時間は早く過ぎて行くもの。それだけじゃなく、アフィリの仕事はあきらかに効率がイイ。同じ時間だけ働くならば明らかに、この仕事の方が儲かる。どう考えてもこの仕事は楽だ。
介護士と比べてはいけないのかもしれないけどね。

それでも怖い

しかし、日々恐怖もある。
というのもこの仕事が楽すぎて感覚が麻痺してしまう。
興味のあることばかりをやっている。
例えば好きな本を読んで書評を書くなど。
これで金になるなんて簡単すぎる。

冷静になれば、本を読むこともその書評を書くことも、ブログを書くこともサーバーを管理することも、金が発生しているから仕事だけども、普通は趣味としてやっている人がほとんどで、これを仕事と呼んでいいのか、我ながら不安。だから、この仕事が立ち行かなくなったら、生きていけるのだろうかと不安になる。怖い。
ゲームをしていてもゲームのブログを書けば収入になるのだから、ゲームだって遊びじゃない。テレビ見たっていい。結果があれば仕事になる。でも、この理屈は一般的勤め人には通用しない理屈なんですよね。だから怖いよね。

今から普通の勤め人なんて出来っこない。
もともと就職したことがないのだから、なおさら怖い。

この仕事が続くように日々努力をしないといけない。
だから、毎日書いているし、何かしら考えている。
だから、収入は上がっている。

まぁ、それでも未来永劫ではない。
結局怖い。

ページ一覧

ネットビジネス備忘録の表紙へ
Page 27 インプットなしにアウトプットなし
Page 28 浪費で所得税が払えなくなるということもあるぞ
Page 29 SONYがAppleに勝てなかった理由
Page 30 向いてる仕事をするべき。全てのプロセスを自前にする必要は無い。
Page 31 アフィリ生活は怖い。だから努力する
Page 32 ブログで食うのに適したタイプ・性格など
Page 33 ネットアフィリで儲かる、そんなうまい話があるわけ無いという常識。
Page 34 凡人という才能、天才という欠点
Page 35 ノマドで社畜…ノマドなのに自由じゃないという新しい不幸
スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集