SONYがAppleに勝てなかった理由

MENU
TOP >> SONYがAppleに勝てなかった理由
スポンサードリンク

経緯

MacBook Proが欲しい。
と思い始めている。

ここまでの経緯。
まず2013年10月にSONYのXperiaのtablet zを買ってしまった。
なぜ買ったかというと、当時腰痛で寝込んでいて、パソコンの作業もままならない状態だったから。椅子に座れないくらいに痛かった。そこで、寝転んで作業できる物が欲しかった。今なら、ためらいなくMacBook Airを買うが、当時はそんなことは考えられなかった。Apple製品を使ったことがなかったから。

Xperia tablet Zの感想
Xperia tablet Zは、それまでデスクトップパソコン(Windows)しか使ったことのなかった私には衝撃的体験だった。

便利。
綺麗。
使っていて楽しい。
キーボードを付けて、これでブログの更新をした。
なんて俺ってば、かっこいいんだ。
もうね、ウキウキですよ。
腰は痛かったけど。


タブレットは使いやすいし、楽しい。最初は良かった。ところが、アンドロイドタブレットはキーボードの入力に遅延があって、徐々に不満になった。作業としてはそれではいけない。作業が遅れれば、それはブログで収入を得ている私にとっては死活問題。そこでSONYのノートパソコンを買った。

これでいい。
とその時は思っていた。
ところが、ここに予想もしない落とし穴があった。
スポンサードリンク

Sonyは悪くない。

SONYは関係ない。
Sonyは悪くない。
なんの罪も無い。

iPhoneのツールとしての優秀さ
当時、スマホを使っていたのだけど、二年を過ぎて買い換えをしたいと思っていた。バッテリーが弱っていて、一日も持たない。そこで、ふと入ったヤマダ電機で「iPhone5c機体代無料キャンペーン」を見ちゃう。

2014年1月にはiPhone5cはダボついていて、安売りの対象になっていた。そこで、私は初めてApple製品を使うことになる。

これがいけなかった。

感動
iPhone5cは、これまでApple社製品を使っていなかった私には、衝撃的に使いやすくて、何よりRetinaが綺麗だった。もうね、スマホなんてオモチャだと。iPhoneには作り手の魂がある。

感動。
他の言葉が思いつかない。

続け様に、iPad miniを買い、そしてiPadAIRを買った。

もうね、我慢出来なかったですね。
Android tabletでは遅延したキーボードもiPadではなぜか無かった。
キーボードとiPad miniで、ミニミニのパソコンだ。
バックに入れて気軽に持ち出せる。
昔のVAIOのPシリーズみたい(皮肉か)。
かっこいい!
仕事をする上で、モチベーションが違う。
それにRetinaで、目の疲れが違う。
小さな文字が潰れない。
いい仕事には良い道具が必要だ。
サムライの刀と一緒だ。
いやっほー!!!!
スポンサードリンク

Androidである限りiPhoneに勝てない

Xperia tabletは素晴らしいが、ゲームをしないならiPadがいい。
ゲームをするならWindows、androidがいい。MacやiPhoneやiPadはゲームをするには適してない。特に日本人には。

それに操作反応もiPadがいい。SONYがAppleに負けるのは、はっきりいって技術じゃない。商品コンセプトでもない。OSだ。まぁOS開発も「コンセプト」と「技術」の内なんですけね。

Androidである限りiPhoneに勝てない。SONYがOSを独自に作るか、もしくはAppleのOSを導入するかすれば、やっと互角に戦えるようになるだろう。
まぁ、MacのOSを導入した時点で勝てないのだけど……導入していたらSONYがVAIOブランドを手放すことにはならなかったと思う。

SONYのXperiatabletは今後iPadに勝てるか?

無理。

勝つには自前の、ユーザーにとって使いやすいOSが必要だ。これがわたしの意見。
スポンサードリンク

新興企業にフンドシを取られまくる

Androidのメリットは
共通したアプリが使えること。

これは新規参入の新興企業には
トンデモないメリットになる。

機体さえ作ればアプリはすでにある。

でも、それは既存企業が
時間を掛けて投資した結果のアプリ。

まぁ、新興企業からすれば、
いわば他人の褌(ふんどし)だ。
SONYなどの既存の企業は
ふんどしを取られっぱなし。
スマホ・タブレット機体の価格を
下げられないSONYには結果的にメリットがない。

もしくは薄い。

いや、マイナスだ!!

Sonyの強み(?)が生かせない
それにandroidは独自性を発揮しにくい。
SONYは独善的とも言える独自性が売りだ。そこが嫌われるポイントだが、愛されるポイントでもある。そのSonyの特徴がOSの共有で発揮できない。足を縛られているに等しい。

Sonyの独自OSを

ではSONYだけで独自にOSは作れるか?
無理だ。
もう遅い。
やるとしたら、日本国内の数社で独占OSを作り、新興企業を排除するくらいしかない。
●いや、Sony独自のOSって出来るんじゃない?? だって、linuxというものがあるじゃないか。あれを元にして、独自のOSを作ることは出来るはずだ。
●独自のOSを作ったら既存のアプリが使えない?? 何を言っているんだ? Sonyにはプレステという優良な資産があるじゃないか!!!
●技術的には知らないが、やって出来ないことは無いだろう。


ところで、個人的にVAIOのDUOのファン。結局買わなかったけど(当時は金が無くて買えなかった)、2in1ノートパソコンの完成形だと思う。あれで、MacのOSが乗っていたら………

ページ一覧

ネットビジネス備忘録の表紙へ
Page 25 与沢翼さんが破産した。ビジネスの盲点。
Page 26 好きを仕事にする
Page 27 インプットなしにアウトプットなし
Page 28 浪費で所得税が払えなくなるということもあるぞ
Page 29 SONYがAppleに勝てなかった理由
Page 30 向いてる仕事をするべき。全てのプロセスを自前にする必要は無い。
Page 31 アフィリ生活は怖い。だから努力する
Page 32 ブログで食うのに適したタイプ・性格など
Page 33 ネットアフィリで儲かる、そんなうまい話があるわけ無いという常識。
スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集