ページ内容の濃さが大事

MENU
TOP >> ページ内容の濃さが大事
スポンサードリンク

ユーザーの視点に立って

ページが多い方がSEOとしても有利ですし、いろんなページがあった方が、アクセスも集まりやすいです。かといって、内容のないペラペラのページを増やしていると、検索順位は下がり、アクセスも減っていきます。ページの内容は濃くしないといけません。
問題は内容の濃さ?
では内容の濃さとは結局なんのことでしょうか?

内容とはネタ、ではない

色々とブログをやってみて、順位があがりやすいページは結局「わかりやすい」ことが大事だと分かりました。
内容の優先順位
内容でもっとも評価が高いのは「オリジナル(唯一性が高い)」であること。そして「インパクト(内容が単純に面白い)」があること。あとは「情報が早い(速報性)」、「専門知識(唯一性に近い)」の評価が高いです。ですが、そう毎回毎回、独特でユニーク(唯一という意味の)な内容が書けるとは限りません、というか無理です。

分かりやすさ

ですが、それに匹敵する内容があります。それが「分かりやすい」ということです。ネット上に散見している情報を分かりやすくまとめてる――ネット上ではオリジナルの内容が評価されがちですが、それはパズルのピースのようにバラバラになっています。一箇所に分かりやすくまとめている方がユーザーにとっては助かります。

たとえば表にするとか
たとえばイラストで分かり易くまとめる、とか
たとえば関連する記事のリンクを一覧にする、とか

分かりやすい、が大事です
面白く書かなくていいです。そりゃ面白い方がいいですが、無理に面白く書かなくていいです。それよりも分かりやすく。分かりやすく。とにかく分かりやすく。

分かりやすくて、面白くて、唯一の内容なら最高です。でもまずは分かりやすく――です。

それがユーザー(サイトを見る人)にとって便利だからです。

ページ一覧

初心者のためのSEOの表紙へ
Page 1 SEOを勉強する前に知るべきこと
Page 2 SEOは奥が深い?
Page 3 検索エンジンのブラックボックス
Page 4 ホワイトハット・ブラックハット
Page 5 ページ内容の濃さが大事
Page 6 変わっていく状況、情報収集は?
Page 7 テーマを絞るべき
Page 8 継続は力、SEOの基本
Page 9 テーマ選びと継続は相反する
スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集