アーロンチェアを買った経緯

MENU
TOP >> アーロンチェアを買った経緯
スポンサードリンク

アーロンチェアを買うまでの腰痛との戦い

2013年の4月に花屋を閉店。その後、ブログを書いて生活していました。ひどい時は一日8時間くらい座りっぱなしのこともあります。

そうして一カ月ほど経った時、腰痛が。それまでにも腰痛になっていましたが、それまでとは全然違う。それまでは大体一週間以内には治っていました。ところが、一カ月、二か月たっても全然回復しないのです。

病院に行っても、整体に行っても、全然治らない。とてもじゃないが仕事が出来ない。寝転んでいても痛い。多少動かすだけでも痛い。身動きが取れない。

まずはベッドへ

腰痛の原因としてまず疑ったのは椅子でした。
それまでオカモトの椅子を使っていたのですが、これがまずいのではないか?とアイポール(参考:アイポール(iPole)のレビュー 腰痛対策)を買ってみたり、バランスチェア(参考:バランスチェアで腰痛対策は……)を買ってみたりしたのですが効果なし。

その後、新しいベッドを購入するとかなり軽減されました。

ベッドの販売店の人によると「ベッドは消耗品」とのこと。消耗品といっても耐用年数5年くらいですが、ようは時間と共にスプリングがへたってきて、逆に体に良くないのだそう。そこで十万円のベッドを購入。すると一週間ほどで腰痛が軽減。これでやっと仕事がまともに再開できるようになりました。

しかし!!

軽減されただけで完治とは言えません。長く椅子に座っていると痛くなるのは変わりません。腰にずっと違和感があります。

以前よりはかなり楽です。でも「健康」というものには程遠い状態でした。

そこで今度は筋トレのためにトレーニングジムに通うことに。
スポンサードリンク

次はジムへ

筋肉が少ないのではないか?
体重が重いのではないか?というのが、次の容疑者です。

そこで週に二回、出来れば三回か四回はトレーニングジムに行くようにします。自宅ブロガーだからこそできることです。普通のサラリーマンじゃ無理です。

それで通いました。しかし3か月経ってもあまり変化はない。明らかに筋肉はついてきているのですが、いや、腰痛が軽減されているかというと、そんなことは一切ない。

おかしい。

次の容疑者は柔軟性です。
ストレッチを繰り返しました。
毎日ちょっとづつですがやることで、かなり腰痛の痛みは軽減されました。しかしまだ完治とは言えない。違和感はありますし、痛いのは痛いのです。

困った……

ということで最後のアーロンチェアに手をつけることにしました。

長かった

アーロンチェアは高い。
これまで買った椅子の数倍の価格です。15万円ですよ。椅子に出せる金額ではないです。でも腰痛が軽減されるのであれば高い買い物だとは思いません。

でも高い。
だから今まで手をつけられずに居ました。
だって高いんだもん。

逆に言えば、そこまで私は腰痛に追い詰められているということなんです。15万円出してもこの腰痛を解決しないと、これから先、ただ苦しいだけだし、仕事の効率も悪い。

それでアーロンチェアの購入を決意しました。あぁ、これでダメならどうすりゃいいんだ?

それで使った感想ですが……それはここには書きません。まだ買ったばかりだからです。椅子やベッドの買った直後の感想なんて無意味です。最初はイイと思っていても1ヶ月後には腰痛になってるのが、これまでのパターンでしたから。

というわけで、また。

ページ一覧

腰痛まとめの表紙へ
Page 10 アイポール(iPole)のレビュー 腰痛対策
Page 11 バランスチェアで腰痛対策は……
Page 12 2WAYクッションとチェアクッション腰当で腰痛予防
Page 13 ストレッチで腰痛改善・腰痛予防は効くか?
Page 14 アーロンチェアを買った経緯
Page 15 アーロンチェアの情報まとめ(価格、機能など)
Page 16 注意事項!アーロンチェアはフローリングの床を傷つけるぞ
Page 17 腰痛対策のストレッチのまとめ
Page 18 腰痛は筋肉のバランスの問題
スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集