SEOを勉強する前に知るべきこと

MENU
TOP >> SEOを勉強する前に知るべきこと
スポンサードリンク

SEOはややこしい

SEOは検索エンジン対策を訳されるアクセスを集めるための理屈です。理論というにはかなり怪しいものです。わたしは「アクセスを集める」という目的のために長いことSEOを勉強してきました。それなりに集めることが出来ます。

これから書くことは「SEO」を勉強するであろう誰かに向けて書いています。実は、私はある人たちにSEOについて教える必要が出てきまして、そのまとめとして、このサイトにまとめています。だから、内容は一般的ではないかもしれませんし、ある人にとっては無意味かもしれません。

SEOの特徴

SEOは検索エンジン対策であり、人はこれを「攻略」のように言いますが、それは既に昔の話で、現在では、「スパム扱いされないようにする」程度のニュアンスになっています。普通にやっていれば、アクセスはそこそこ来ます。もちろん集めやすいコツもありますが、それは別のページ、別のサイトに譲りましょう。

答えのない世界

SEOに答えはない
グーグルが検索エンジンを牛耳ってからというもの、SEOとはグーグルについて知ること、考えることを指します。
だったらグーグルに聞けば答えが出るのか、というと、これが違う。グーグルは検索エンジンの仕組み――つまり検索順位を割り出す計算式――を教えてくれません。教えると色々と不正が横行するからです。
来年の今は?
グーグルは教えてくれない上に、毎年検索順位を割り出す方法(=アルゴリズム)を、日々変えています。だから来年の今頃は、現在通用するSEOが通用しない――そんなこともあります。
そんなに心配しないでも
ただあまりに極端なルール変更はグーグルも良しと思っていませんし、そんなことをやっていたらネットが混乱します。グーグルが望んでいるのはあくまで、検索結果を検索ユーザーにとって最良にすること。SEO業者の足をすくうことではありません。
「来年は通用しないかも――」なんて書きましたが、これは極端な話。実際にはそんなことはありません。

ページ一覧

初心者のためのSEOの表紙へ
Page 1 SEOを勉強する前に知るべきこと
Page 2 SEOは奥が深い?
Page 3 検索エンジンのブラックボックス
Page 4 ホワイトハット・ブラックハット
Page 5 ページ内容の濃さが大事
Page 6 変わっていく状況、情報収集は?
Page 7 テーマを絞るべき
Page 8 継続は力、SEOの基本
Page 9 テーマ選びと継続は相反する
スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集