ネットビジネスは現実のビジネスと同じ。ネット上で展開されるだけの違い。

MENU
TOP >> ネットビジネスは現実のビジネスと同…
スポンサードリンク

概要

まとめ
●ネットビジネスは現実のビジネスと同じ。
●サービス(=コンテンツ)の質が大事。
●情報商材や塾は自己啓発や宗教やマルチじみている。
●もっと現実的に、ネットビジネスをドライに考えよう。

ネットビジネスと従来のビジネスは概ね同じ

マインドが大事とか、コアとか、言っていることは分かります。でも、ちょっと違うと思うのです。

ネットビジネスがアフィリエイトであっても、アクセスを集めての広告収入であっても、やっていることは、現実のビジネスと同じで、サービスの提供、もしくは物品の販売です。

アフィリエイトはネット上で情報商材などを販売しているだけで、従来の紙の自己啓発本販売と変わりません。ブログでアクセスを集めるというのは、コンテンツというサービスを提供して収入を得ているだけです。つまり、どちらにしても従来のビジネスと大差ないのです。
アフィリエイターとて人の子
ネットビジネスは時間が自由である、ということ以外は自営業と一緒です。システムが多少違っていても、これまでの業務と――というか、仕事への取組みという意味では、ほとんど変わりがありません。
自由といってもサラリーマンより自由というだけで、働かなくていいという意味ではないです。
スポンサードリンク

その概念、焼き直しじゃない?

マインドとかコアといった言葉で言っているのは、大抵が普通の仕事でも重要なことです。

時間とか、
継続とか、
ユーザー目線とか、
品質とか、

そういう話はネット関連でなくてもほかの仕事でも重要です。だからマインドが大事というのは、どうも嘘っぽい。嘘ではなくても、単に単語を焼直しているだけでさほど新しくないのです。
●ただし『新しい概念は30年前の概念の焼き直し』というのはよく言われることで、焼き直し自体がそもそも常套手段で珍しくない。
●マインドやコアといった言葉が的外れ、という意味ではないです。

過大評価

つまり、過大評価ではないか?
というのが私の意見です。

別の問題
よく何かのハウツーを販売していますよね。インフォトップなどでの情報商材のアフィリエイトです。あの情報商材は無駄ではないです。私も昔は何個か買いました。そのおかげで生活ができるようになっています。

でも、あの情報商材の価格の中に「情報としての価値」だけでなく、「将来の収益」が大きく含まれていると私は思います。情報商材の中に『これで儲かったら、あなたも情報商材を作って売りなよ』と大抵は書いてあります。そんなの『情報』を媒介にした『マルチ商法』だ!とまでは言いませんが、ちょっと怪しい。
メディアに露出
それで情報商材の販売をしている人が、『俺はこんな良い暮らしをしているよ』とメディアに出たり動画に出ることで、購入者が想像する「将来の収益」が大きくなります。つまりかさましですね。
●芸能人がテレビショッピングで美顔器や美容栄養補助食品を売るのと仕組みは同じ(芸能人のように綺麗な肌になれると案に宣伝している)なので、それは細かく言い過ぎではないか?とも思います。
●儲かってる姿を見せることで、販売しているものの価値を上げるというのは、悪くない。賢い方法です。だからってあなたが、引きづりこまれる必要はないです。
スポンサードリンク

余計な要素がくっつているぞ

マインドとかコアといった言葉は、購入者に分かりやすく説明するための「用語」であり、いわばツールです。マインドという考え方が即、利益を生むことはありません。マインドさえ理解すれば100万円稼げる、なんてことはありません。あくまでスキルが必要です。スキルをいくつか組み合わせ、収益の流れを作るという、また別の「スキル」が必要です。
●そのスキルのことをマインドと呼ぶのでしょうけど、その概念は経営者には必ずあります。
●雇用されたことしかない人にはこの「収益の流れを作る」という感覚がありません。それを身に着ける必要があります。
●そのスキルを身に着けるだけでいいのに、精神的に依存するように仕向ける仕組みがあるのではないか??

スキルであり価値観であっても宗教ではない
ネットビジネスで収益を上げるのは、今までにない仕事です。でも従来の仕事との違いは、ちょっとのことでシステムは一緒です。

よいサービスを提供して収益をあげる流れを作る――この点は従来の仕事と全く同じです。これがネット上で行われるかどうかの違いです。

塾や情報商材に多額の金を投資することが「間違っている」とは思いませんが、それだけで収益を得られるというのは間違っています。これらの中で語れる「考え方」が、どこか自己啓発というか宗教じみたものになってきています。
決して宗教や自己啓発ではありません。単なるスキルです。英検みたいなものです。

ネットビジネスはヴァーチャルなビジネスではありません。従来の業務がネット上で展開されているだけです。
結論
ネットビジネスをもっとドライに考えよう。
自己啓発じゃないぞ。

ページ一覧

ネットビジネス備忘録の表紙へ
Page 18 エクスぺリアタブレットZとiPhoneをブルートゥースでつなぐ
Page 19 ソフトバンクのiPhoneのネット速度を調べました。
Page 20 たくさんのページを書くより、毎日ちょっとづつ更新する方がアクセスが増える
Page 21 RPMやクリック率はあてにならない。ほかのサイトと比べられない。
Page 22 ネットビジネスは現実のビジネスと同じ。ネット上で展開されるだけの違い。
Page 23 新しい時代のソフトとハード(ノマドワーカーが考える)
Page 24 セルフブランディングしない方がいい3つの理由
Page 25 与沢翼さんが破産した。ビジネスの盲点。
Page 26 好きを仕事にする
スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集